おおいた和牛

匠グループ【匠牧場】で育てている美味しくて味わいのある和牛です。

当店で使用している黒毛和牛は通常の焼肉店では複数の業者を通して牛肉を仕入れる際に中間マージンの発生による価格上昇と輸送を繰り返す為、鮮度が低下します。
匠グループは自社牧場からと畜・解体場の大分畜産公社を経由するだけなので、低価格と鮮度抜群の牛肉の仕入れが実現。
一頭丸ごと使える業態を展開しているので余ることなく一頭買いができるのです。

おおいた
和牛とは?

おおいた和牛は大分の恵まれた自然の中で育まれ、輝かしい歴史と実績を持つ牛肉の最高傑作です。
その肉質は、風味豊かで、まろやかでとろけるような味わいが特長です。なかでも、大分県内で最も長く肥育された36ヵ月齢未満の黒毛和種のうち肉質等級2等級以上のものだけが「おおいた和牛」と呼ばれます。

きめ細かい霜降りを持ち、まろやかでとろけるような風味を持つ「おおいた和牛」。肉牛の味を左右する肉質は、血統に大きく左右されます。特に父親である種牛の血統が重視されますが、大分県の種雄牛は、天皇賞や農林水産大臣賞を受賞するなど、全国的にも高い評価を受けています。
最近では、平成29年9月の「第11回全国和牛能力共進会」において、種牛の部で最高賞である内閣総理大臣賞を受賞しています。「血統」「品質」ともに全国トップレベルの「おおいた和牛」を是非一度ご賞味ください。

おおいた和牛
美味しさの秘密

豊味いの証
(うまいのあかし) とは

牛肉のサシ(霜降り)に含まれる「オレイン酸」という肉のおいしさの指標となる成分の含有量を測定し、55%以上のものを「豊後牛おいしさ基準」に適合しているとして、『豊味いの証(うまいのあかし)』というロゴシールを表示販売するものです。

“おいしさ”のカギを握るオレイン酸


一口に“おいしさ”といっても、牛肉の場合は、風味や甘み、口当たりなどさまざまな要素の組み合わせであり、それをわかりやすく表示するのは困難とされてきました。しかし、オレイン酸が新しい“おいしさの基準”となることがわかった今、“おいしさ”も科学的な裏付けが可能になったのです。
牛肉に含まれる不飽和脂肪酸の一種であるオレイン酸は、牛肉中の含有率が高くなるほどに、風味や口当たりの良さが増すといわれています。

オレイン酸の数値が高い牛肉は“おいしい”